Apple 10.5インチiPad Pro 激安通販専門店 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム サンワサプライ 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCDIPAD9BC LCD-IPAD9BC 10.5インチiPad Pro,タブレットPC・スマートフォン , タブレットPCアクセサリー , タブレット用液晶保護フィルム,2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。,10.5インチiPad,Apple,LCD-IPAD9BC,1228円,10.5インチiPad,サンワサプライ,/amphophile8689299.html,Apple,blurthreesixty.co.uk,[LCDIPAD9BC],Pro,2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム 1228円 Apple 10.5インチiPad Pro 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。 サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC [LCDIPAD9BC] タブレットPC・スマートフォン タブレットPCアクセサリー タブレット用液晶保護フィルム 1228円 Apple 10.5インチiPad Pro 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。 サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC [LCDIPAD9BC] タブレットPC・スマートフォン タブレットPCアクセサリー タブレット用液晶保護フィルム Apple 10.5インチiPad Pro 激安通販専門店 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム サンワサプライ 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCDIPAD9BC LCD-IPAD9BC 10.5インチiPad Pro,タブレットPC・スマートフォン , タブレットPCアクセサリー , タブレット用液晶保護フィルム,2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。,10.5インチiPad,Apple,LCD-IPAD9BC,1228円,10.5インチiPad,サンワサプライ,/amphophile8689299.html,Apple,blurthreesixty.co.uk,[LCDIPAD9BC],Pro,2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム

Apple 10.5インチiPad Pro 激安通販専門店 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム サンワサプライ 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCDIPAD9BC LCD-IPAD9BC オリジナル 10.5インチiPad

Apple 10.5インチiPad Pro 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。 サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC [LCDIPAD9BC]

1228円

Apple 10.5インチiPad Pro 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。 サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC [LCDIPAD9BC]




[サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC]の商品説明

●LEDバックモニターのブルーライトメイン波長(450nm)の光を、約26%もカットすることができます。
●目の水晶体で吸収されにくく、網膜を傷つける恐れがあるブルーライトを集中カットします。眼精疲労対策にオススメです。
●外光に含まれるブルーライトを反射することなく吸収するため、目への影響を最小限に抑えることができます。
●接着面にシリコン素材を使用しているので、液晶画面を含め表全体にぴったり貼り付きます。(カメラ、ホームボタン部などを除く)
●両面テープなどは不要です。
●専用タイプなので、切らずにそのまま使えます。
 ※貼り付きやすくするために、外枠のサイズから若干サイズを小さくしています。
●タッチパネルに対応しています。
●ホコリ、指紋、キズなどから、液晶画面を守ります。指紋防止加工により、フィルムへの指紋の付着を防ぎます。また、光沢タイプで液晶画面をくっきり鮮やかにします。
【使用方法】
1.液晶画面・本体の汚れを落としてください。
※ホコリが挟まると気泡の原因になります。
2.保護フィルムの突起部分がある離けいフィルムを剥がしてください。
※ホコリが付かないように注意してください。
※離けいフィルムは破棄してください。
3.保護フィルムを本体表面の角からゆっくり貼り付けてください。
※破損の恐れがありますので、貼り付けの際、液晶画面を強く押さないようご注意ください。
※保護フィルム粘着面にホコリなどが付着した場合は、セロハンテープなどで取り除いてください。

[サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC]のスペック

●対応機種:Apple 10.5インチiPad Pro 2017
●厚み:0.2mm
●反射率:5%
●透過率:81%
●紫外線カット:99.9%
●表面硬度:2~3H
●材質:接着面/シリコン膜、外側/PET(ポリエチレンテレフタレート)
●寸法:W16.94×H24.7×D0.02cm
●質量:14g
●入数:1枚
●※上記は測定値であり、保証値ではありません。

Apple 10.5インチiPad Pro 2017対応ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム。 サンワサプライ Apple 10.5インチiPad Pro 2017用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD9BC [LCDIPAD9BC]

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

毎日12時更新

こっちは余るふぃ

おじゃまっシーがとうとう発売になりますね。
2人用アブストラクトは正直もういらないのですが、とりあえずBGG で調べてみると

9173位

うーんとりあえず見でいいですかね?

 


ゲーマーには不人気?

初心者向けボードゲームだけど、ボードゲームマニアに不人気なゲームは何か?といえば
①ルールが簡単→インスト勝ちできない

②相手の心理を読む→面倒

③2人専用→複数人ゲームを崩したい

①~③の条件をがっちり満たすゲームといえばやはりMr.Jackでしょう。



ゲームの内容は特殊能力ありの鬼ごっこなので、誰でもプレイできます。
ちょっと犯人側が成功するのは難しいですが、

犯罪は容易に行えない

ということをしっかりと子供に教育するためだと認識するとよいでしょう。

この手のゲームだと

○スコットランドヤード系

○Mr.ジャック系

があります。

どちらも犯罪者と警察に分かれてプレイするゲームですので2人の方が簡単にプレイできます。

スコットランドヤード系は犯罪捜査っぽい感じで徐々に捜査範囲を狭める感じです。
隠されている情報が多いので心理戦中心ということでしょうか。
ホワイトチャペルもこちらに属します。

Mr.ジャック系は盤面から容疑者を絞り込んでいくタイプです。
容疑者の特殊能力や地形で撹乱するほか、犯人がわかっても、駒を取るまでがゲームなのでアブストラクトやパズルっぽい要素もあります。

まあ両作品とも論理的思考が必要なので、タイムストーリーのようないわゆるゲームブック的あるいはミステリー的推理とは違うので注意が必要です。
そういう推理ゲームがしたければシャーロックホームズと10の怪事件がオススメです。
これなら図書館に置いてあるところもあります。













さて8月ももう終わりそうですが、7月に買わなかったタイトルを挙げていきます。

○シヴィライゼーションBG
→やっと再販されましたが、3人でプレイしたら2対1になるのは明らかです。

○ワイナリーの四季
→こちらも再販組ですが、やはり手札があると躊躇します。
子供は握力のコントロールが苦手ですからね

○コンコルディア拡張マップ
→いや、他のマップをまだやりこんでいませんから!!



もっと時間が欲しい…せめて平日に1プレイくらいできる時間が(無理) 

 


グラスゴー2,000位、グレートプレインズ10000位以上、不要!!


さてとうとうグラスゴーとグレートプレインズが発売になります。
でも2人用ボードゲームは他にもたくさんありますし、なにより

BGGの順位がそれほど高くない

ですから、
やはり気にせず、2人用ボードゲームならば指輪物語対決をプレイするのが良いでしょう。

 
初心者向けボードゲームを
いくつか勧めました。

次の一歩を考えてみます。

①古代ローマの新しいゲーム
⇒かなり多くのゲームが含まれて
いるので、おススメです。

②グラスロード
⇒2人向けバッティングゲームと
しては良い出来です。

詳細はこちら
グラスロードはこちら

③テーベの東
⇒わかりやすいテーマと
ゲーム性の融合は見事です。

テーベ紹介はこちら

初心者からの次の1個は、
テーマで選ぶ方が
面白いです。



 

↑このページのトップヘ